ライバルの飲み物に禁止薬物混入

元ネタ

昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権(石川県小松市)に出場した男子選手(32)が、別の男子選手(25)の飲み物に禁止薬物である筋肉増強剤を混入し、入れられた選手がドーピング検査で陽性となっていたことが9日、関係者の話で分かった
ライバルの飲み物に禁止薬物混入 東京五輪目指すカヌー選手 昨年9月の日本選手権で

この事件って結構テレビとかでとりあげられてたけど、まあ、あり得ることだよね。日本では珍しいみたいだけど、一応、他の選手を罠にかけるためにするのを「パラ・ドーピング」と言うみたいで結構あるみたいです。

テレビでも、日本の選手は甘すぎるとか、敗者に対するケアが必要だとかいろいろな意見が出てました。個人的には、日本って性善説というかそういうのが根付いているし、どうしても甘くなっちゃうんだろうなーって思う。

でも、競争である以上、汚い手を使う人間は必ずいるはず。だって、人生かかってるんだし。表ではスポーツマンシップとか清廉潔白にふるまってはいるけど、中身はわからない。たかが、人間だしね。

スポーツはきれいごとばかりじゃないっていう考えがもっと広まったほうがいいなとは思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする