映画「キングコング:髑髏島の巨神」を見ました

映画「キングコング:髑髏島の巨神」を見ました。

キングコング:髑髏島の巨神

あらすじは、ベトナム戦争が終わった時代、長年、人の侵入を拒んできた孤島にアメリカから調査団が派遣される。島の侵入時に巨大な猿に襲われ、ヘリを破壊され危機に。その島には巨大な猿とかトカゲとか化け物じみた生物が存在しており、その中を脱出ポイントまで移動するという、そういうストーリーです。サバイバル、冒険ものなのかな。

感想としては、怪獣映画とかジュラシックパークを見終わったような感じです。まあ、それなりに面白かった。コング VS オオトカゲ は完全に怪獣映画の格闘シーンで見ごたえありましたね。まあ、見て損はないかなと。

ただ、なんか最後まで目についた点が一つ。登場人物に常盤貴子似のアジア系の女性(科学者役?)がいるのですが、顔とか服がきれいすぎ・・。汚れてないし、なんかファッションもおかしいし、違和感ありすぎでした。終始、浮いているような感じでしたね。まあ、本編には大して影響ないけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする