銀行が「口座維持手数料」を検討

元ネタ

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3メガバンクが、銀行口座の維持にかかる費用を手数料として預金者から徴収できるか検討を始めたことが30日、分かった。日銀のマイナス金利政策で銀行が利益を出しにくくなったことが最大の要因で、本格導入は国内銀行で初めて。平成30年度中にも結論を出す考えだ。
3メガ銀が「口座維持手数料」検討へ マイナス金利で苦境、30年度中にも結論

銀行が「口座維持手数料」を検討しているという記事です。まあ、いいんじゃない?っていうのが私の感想です。

普通に考えて今まで無料であったことがおかしいんですよね。そもそもなんで無料にしていたのかが疑問。付随するサービスで稼げばいいとでも思ってたんでしょうかね。まあ、そこで稼げなくなったからここからも取ろうとしたわけです。

まあ、国民の反発は結構あるのは予想できるんですが、何も考えないで無料が普通と思ってますからね。口座の開設から始まって、口座の維持ってそれなりの人の手がかかってるでしょうに。貸金庫なんてただ預かるだけの仕事も存在しているし。

銀行もいろいろ悪い噂もありますが、今回のことについては全面的に賛成です。銀行も変わらなければいけない時代になってきましたね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする