時短ハラスメント

元ネタ
「時短ハラスメント」拡大の恐れ

この記事によると店長が社長から「従業員に残業をさせるな」と言われ、部下の仕事を肩代わりしたり、仕事量を削減するアイデアを出せない自分を責めたりして、うつ病になり自殺をしたと・・。なんでもかんでもハラスメントをつける風潮もどうかと思いますが、それは置いておいて。

働き方改革のせいで残業が悪みたいな雰囲気が広がっているのは、私は歓迎すべきことだと思っています。ただ、それを上から「残業させるな」だけの一言だけではあまりにも短絡すぎでしょう。亡くなった店長はまじめだったと思うので、「できない」とか言うことができなかったのか、それを受け入れることができない社風なのかわからない。でも、できないもんはできないよね。今回の件は時短の命令が引き金にはなってるけど自分では手に負えないような社命を受けた場合、どのようにしたらいい?っていう問題じゃないのかなって思う。

ま、うつ病になるくらいなら、降格とかを希望すればいいのでは?っと個人的には思います。もちろん、そういうことができる会社であることが前提ですが、なかなか難しいよね。会社って仕事量や責任は年齢が上がれば多くなってくるけど、減らすことができないんだよね。他の方法として転職とかもあるけど、年齢が上がれば上がるほど厳しくなるし・・。

年齢が上がると逃げ場がなくなるんだよねー。働き方改革とやらでなんとかならないものかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする