システム開発の底辺

現在アルバイトで働いている会社がシステム開発をやっている中小企業なので、どんな仕事をしているか書いてみる。ま、あくまで推測ですが、大体の中小企業がこんな感じでしょう。大体以下の2つがメインかと。

派遣業務

大手システム開発会社に社員を派遣して、常駐してもらうってパターンですね。最近の派遣法改正で派遣業が申請制から許可制に変わったので、零細で資金力のない会社はつぶれる運命にあります。ただ、SES(システムエンジニアリングサービス)という似たような契約形態があるので、抜け道になるかもねー。

派遣もプロジェクトによっていろいろ違いますが、チーム、もしくは1人で派遣されることになります。チームだったらまだしも、1人だとなかなかきついです。愛社精神も何もあったもんじゃないです。ま、中小だと1人がほとんどじゃないのかな。やらされる仕事もピンきりなんですが、派遣される会社が変われば、何もかも違うのであまり積み上げて身につくスキルは得られないかも。

昔から「人売り」と揶揄されていたように働く側からすれば評判が悪く、悪名高い業務ですねー。

受託開発

開発の仕事を受注するパターンですね。開発は主に自社内でできると思います。大手のシステム開発会社から請け負うとか、一般の会社から直接請け負うパターンがありますが、一般の会社から全ての開発作業を請け負う場合は結構恵まれてる環境かな。大体は大手の同業者から設計だけ終わって、実装だけ担当するとかそういうのが多いのではないでしょうか。

全ての開発を請け負うパターンは仕事の進め方とか設計、開発手法が会社に資産として積み上げられていくので、人も育つし、会社として成長する可能性が大なのかなーと思います。逆に同業者の下請けとして受注したプロジェクトについては、上の言うがままだし、設計方法などのやり方が会社によって全然違うので、蓄積されるスキルとか知識というものがなくて成長もなにもない「ただの作業」です。そういう仕事がメインの会社はどんな仕事もやる「何でも屋」なんでしょうが、「専門家」ではないので品質は低いと思います。

感想

まあ、いろいろな会社があるので一概に言えないのですが、派遣業務をメインでやっている中小企業は「クズ!」だなと。将来性も何もないしさっさとつぶれたほうがいいね。システム開発自体、日本のような構造は特殊で、欧米では、一般の会社が自社内で開発するのが普通みたい。日本は完全に元請けから始まって何次請けかにいくゼネコン、ピラミッド構造だし、派遣によって支えられている。
中小企業はよっぽどニッチの分野を得意としてない限り、この構造から抜け出せないのかな。システム開発系の会社の未来は暗いかな・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする