「雇い止め」は派遣先の責任?

元ネタ
3カ月更新の契約で17年、突然の「雇い止め」 58歳派遣社員の思いは

派遣社員として3か月ごとの更新を続け、17年同じ職場で働いてきて、とうとう雇い止めになったという記事です。この中で派遣社員が派遣先に恨み言をいうようなことが書かれているのですが、個人的には派遣先は何も悪いことはやっていないし、派遣先に文句を言うのは筋違いかなと思ってます。数年前に話題になった派遣切りの際もなんか、文句をいう相手が間違ってるなーって感じはしました。

そもそも、契約として期間が決まっているわけで、契約を更新するか終了するかは派遣先の自由でしょう。そういう説明は働く上で、説明は受けているだろうし、当然もっていなければいけない知識なのではないかと・・。そこに、本人が勝手に期待して、勝手に失望しているように見えるんですよね。私も正社員で働いていないので、気持ちは理解できるんですけどねー。

それじゃ、誰が悪いのかっていうと、なんかこれだけ派遣会社が幅を利かしているのって日本だけなのかなって思うんですが。日本特有の終身雇用と年功序列とかがセットでくると、正社員一人につきコストがかかりすぎるんですよね。それに解雇も法律が厳しくてなかなかできないみたいだし。そうなると、派遣っていうのがすごく都合がいい制度なんでしょうね。自社でアルバイトとか募集するよりも手間がかからないし、便利すぎる。

個人的には、派遣って働き方は悪くはないと思うんだけど、派遣法改正で変な方向にいっているとは感じます。抜け道ありまくりだし。解決方法としては働き方改革なんだろうけど、いろいろな働き方をつくるべきなんでしょうね。なんか正社員、会社員っていうのはこうあるべきだっていうのが強すぎなので、もっと柔軟に働けるといいなって思います。

ま、私も他人事ではなく、本気で将来を心配しなければいけない身なんですがね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする