副業は普及するか?

この記事を見て
兼業解禁でサラリーマンの「全人格的帰属」は変わるのか

兼業解禁というのは、すばらしいことだと思っています。逆に今まで、それが認められていなかったことがおかしい。
でも、確か副業って法律で、一部の条件を満たせば禁止することはできないとおもったけど。
まあ、本業の会社にもそれなりの配慮を求めるということかしら。
 
 
でも、思うのは副業ができるからって、本業バリバリ、副業もバリバリ働ける人ってどれくらいいるのかということ。
私は、基本、体力ないし本業以外のことに時間を費やすことなんて考えられない・・。
それだけのバイタリティを持ってる人って根っからの仕事好きしかいないんじゃない?って思ってしまう。
 
 
今のご時勢、一つの会社にしがみついても、いつ倒産するかもしれないっていう時代だから、会社以外でも副業をっというのはわかるんだけど、そのために就業後、休日も仕事をしなければいけないの?。
残業規制とかそういうのは、体を休めたり、余暇を楽しむためなんじゃないの?ってちょっとよくわからないですわ。
 
 
お金だけでみれば、残業したほうが絶対もうかるから副業しないほうが得だけど、そこのバランスも難しいですね。
一番の問題は、本業の会社がそこまで考慮してくれるかってことですか。まあ、業界にもよるんでしょうけど、残業が突発的に発生する状態にある会社なんて、山ほどありますし。
 
 
結局、長時間労働とかそういうのが解決しないとなあー。
後は就社というか個人の考えがどれだけ変わるかなんだけど・・。
あ、この記事の「一つの会社に全人格的に帰属する日本の常識」って言葉って、「その通り」って思ってしまいました。
ま、本当にそれが変わるか?って変わらないだろうなーーって絶望をもってみています (*´Д`)=3ハァ・・・
 
 
私は、もうそういうのドロップアウトしたから関係ないんですけどね・・。
それはそれで茨の道ですが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする