パラリンピックが嫌い

日本でオリンピック・パラリンピックが開かれるから、まあ仕方がないんだろうけどパラとか障害者がらみの話題が良く取り上げられている。
私としては、あまり好きじゃないし、見たくない。
確かにアスリートとして努力している姿は素晴らしいと思う。
嫌いなのはメディアとか周囲の取り上げ方というか、そういうの。
24時間テレビとかでも毎年、話題にはなるんだけどね。
 
 
なんか、障害をもった人はそこまで努力しないと社会には認められないか、とか考える。
私は、少し精神障害を持っているけども、当事者だからいろいろとそのあたりの知識ははいってくる。
実社会で全然、楽には生活できていない。国も障害者に対しては健常者と同じような仕事、生活できるように治療を行えっていうスタンスをとっている。
 
 
当事者も必死に苦しんで治そうとするが、そもそも、治らない、治ったようにみえてもまた再発するような症状も一杯ある。
社会復帰した結果、症状がぶり返したっていう例は一杯あると思う。(社会復帰っていう言葉もなんか・・働かない人は社会にはいない?みたいで違和感を感じるけど)
障害者が、健常者が普通に努力するような程度で生活できる場が日本社会にない。
 
 
そちらには目を向けずにパラリンピックをきっかけにきれいな物語だけを取り上げてるのはなんかねって感じる。
まあ、障害者の中でも身体、知的、精神の分類があるけど身体が一番理解されやすいので、少し話は違ってくるけど。
あくまで、精神障害者目線で見た個人の意見です。
この世の中、健常者の人も生活するだけ精一杯っていう人が一杯いるから贅沢もいえないのはわかってるんですけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする