米でも宅配便の問題が

元ネタ
米小売業界、増える「ゆっくり便」導入 ピーク回避で
 
 
アメリカの話ですが、アメリカでも配送業者が苦労しているようですね。
ブラックフライデー、クリスマスに大量の荷物が発生するのに対応して、いろいろ策を練っているようです。
日本でもブラックフライデーとか導入しようとする動きがある中、他人事ではないかな。
 
 
UPSが導入する「繁忙期には追加料金」が一番妥当な感じがしますわ。
日本でもヤマトが値上げをするとかしてたけど、やはり限度を超えると仕方ないって思う。
使う側も急ぎの配送を当然ではなく、オプションとして認識すればいいだけの話。
 
 
便利さになれた消費者は追加料金を払ってまで早くほしいと思うのか?ってのに少し興味はありますが。
これで物が売れなくなったりしたら本末転倒だし。競合他社が安値で対応しようとして従業員が酷使される状況が変わらなかったりして。
どうなるのかなー、人手不足の問題とか含めてどうなるか楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする