いじめ問題と道徳

ニュースで小中学校の道徳について取りあげられていた。
いじめとかの問題に対応できるように、いままでのような「道徳の時間」から「教科」になるらしい。
 
 
教科書とかも用意してしっかり教育して、評価も行うみたい。
議論の場とかそういうのも取り入れるとか。
何を見て評価を行うのか、難しいだろうなあ。
評価される側も納得できない部分が出てきそうな感じがする。
そもそも教師にそれなりのスキルが必須じゃないだろうか・・
 
 
なんとなくあまり効果はなさそうな予感が・・。
そもそも、いじめがいけないとか、人を殺しちゃいけないとか最低限のことはだれでも普通に知っている。
それなのに、実際はそういう問題が起こっている。
結局、頭ではわかっていても体に染みついてないからなんだろう。
そんなことを学校で少し学んだだけで、何かが変わるとも思えない。
 
 
個人的には思想とかそういう押し付けって大嫌いなので、道徳の時間が嫌いでした(笑
いじめられる立場にあったけど何の役にもたたなかったしねー。
個人が強くなるとか逃げ道を用意するとか、具体的な方法のほうが役に立ちそうな感じがする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする